トラベル懇話会 Travel Management Club
トップページご案内定款会費等役員と担務会員入会申込みお問合せ会員ログイン
 
トラベル懇話会 海外研修
トラベル懇話会がメキシコ研修旅行を実施
 
 

トラベル懇話会(林田健夫会長)は、今年の活動目標である海外研修ツアーを11月9日から16日の8日間、メキシコ 観光局とデルタ航空の協力により実施した。ツアーはトラベル世界の今真純代表取締役を団長に、会員と会員会社の社員12名が参加、メキシコ観光局の平井里佳氏とトラベル懇話会の山下太郎事務局長も全行程に同行した。 コースはメキシコ・シティ(2泊)→メリダ(1泊)ウシュマル遺跡 イサマル→チチェン・イツァ遺跡→バジャドリッド→カンクン(3泊)と各地を移動、観光視察とともにホテル・インス ペクション、現地観光局やホテル関係者と会食、意見交換を行った。

昨年11月のトラベル懇話会の例会で、拓殖大学のへオルヒナ・ロメロ教授と観光局マーケティング・ディレクターのパトリシア・ナハル 氏による「マヤ文明の魅力」についての講演が行われた。また、今年8月にメキシコ観光局主催セミナー&レセプションが行われ、トラベル懇話会とメキシコ観光局関係者の交流が深まり、今回のメキシコ研修ツアーが実現した。
メキシコへの日本人観光客は年々コンスタントに増加しており、成熟した日本人海外旅行市場においても成長が期待できる。また、日本人のメキシコへの遺跡ツアーの増減は、エジプトへのツアーの動静やペルー旅行の状況と密接に関連しているようだ。研修旅行を通じて感じることは、・一般の日本人が想像するレベルよりずっと治安が良い、・極めて親日的な国である、・従来のメキシコ旅行のイメージを超える観光資源が豊富にあり、発掘の余地が多い、・メキシコ全土には31の世界遺産がある、・ホテル&リゾートの充実、などが挙げられる。メキシコでは、観光開発への投資が積極的に行われ、各地の施設の変貌も著しく、参加者は今回のツアーによる最新情報の入手が非常に重要との認識が一致した。

 
  最終日の意見交換会では、参加者から多くの意見が出された。

「メリダの街とクラシックなホテルの魅力をもっとアピールするべき。カラフルな街並みが素晴らしい。宿泊したアシエンダ・デモソン(荘園ホテル)は タイムスリップしたような施設と自然と美しい星空の環境にありインパクトがあった」
「遺跡を説明するツアーガイドのレベルと情熱が重要である。ウシュマルもチチェン・イツァもトゥルムも日本からの遺跡ファンを引き込み満足させることができるガイド力がツアー内容を左右するのではないか」
「チチェン・イツァのマヤランドのような遺跡隣接のリゾート施設の存在も発見だった。そこに宿泊することで、遺跡観光を充実させするとともに、夜のショーを組み入れたり、移動の行程を楽にすることが可能になる」
「カンクンの高級リゾートは、飲食その他すべてを含む『オールインクルーシヴ』料金をもつところが多いことも知ることができた」
「メキシコ・シティの国立人類文化博物館は、世界有数のミュージアムのひとつ。時間が充分でなく残念だった。ガイド説明を聞くと興味が深まる。各地の遺跡に出かける旅行者は、ここで事前勉強して現地に行くべき。希望としては、どこかの市場を見学したかった」

   

カンクンは今や世界一のリゾートで、ホテルゾーン以外でも大規模リゾートが次々オープンしている。カリブ海クルーズの寄港地としても人気が高い。2010年のCOP16のような大規模会議も可能なコンベンション・シティでもある。とくに、メンバー全員が絶賛したのが、海洋エコテーマパーク「シカレ」。夜のディナー付きスペクタクル・ショーは圧巻。日本での 知名度はないが、魅力の素材としてアピールすれば、相当売れるのではないかとの意見が多かった。
今真純団長は、「実際にメキシコ・シティとユカタン半島を旅して予想以上に魅力のあるところであると再認識した。リピーターの多い当社の顧客は、ありきたりの内容のツアーでは満足してもらえない。実際に遺跡を歩き、ホテル&リゾートを見学すると企画のアイデアが次々と浮かぶ。従来のメキシコ企画をブレイクスルーして、新企画に取り組みたい。そのためにも今回の研修ツアーは得るものが多かった」と総括した。

(レポート=西川敏晴(遊歩)・前「地球の歩き方」代表) 
 
  ★メキシコ参考資料

アメリカの旅行雑誌「コンデ・ナスト・トラベラー」は、毎年、読者投票による部門別の「ベスト・イン・ザ・ワールド トップ100」というランキング特集を行っている。2012年のデータを本誌11月号から参考に引用する。投票の大多数がアメリカ人、カナダ人であり、嗜好もそれらに反映されていることを念頭にお読みください。

 
  ◆メキシコの人気都市ベスト5
① サンミゲル・デ・アジェンデ
② ロスカボス
③ プエブラ
④ カンクン
⑤ メリダ
 
  ◆カンクン&ユカタン半島のホテルベスト30
1)Le Blanc Spa Resort カンクン
2)Maroma Resort & Spa リビエラ・マヤ
3)Rosewood Mayakoba リビエラ・マヤ
4)Grand Varas Riviera Maya リビエラ・マヤ
5)Fairmont Mayakoba リビエラ・マヤ
6)Secrets Maroma Beach Riviera Cancun カンクン
7)Viceroy Riviera Maya リビエラ・マヤ
8)Ritz –Carlton カンクン
9)Excellence Playa Mujeres プラヤ・デル・カルメン 
10)Banyan Tree Myakoba リビエラ・マヤ
11)The Royal プラヤ・デル・カルメン
12)Excellence Riviera Cancun カンクン
13)Zoetry Praiso de la Bonita Riviera Maya リビエラ・マヤ
14)Celba del Mar Beach & Spa Resort リビエラ・マヤ 
15)Isla Mujeres palace イスラ・ムヘーレス 
16)Secrets Capri Riviera Cancun カンクン
17)Valentin Imperial Maya リビエラ・マヤ
18)Beach Palace カンクン
19)Iberostar Grand Hotel Paraiso リビエラ・マヤ
20)Royal Hideway Playacar プラヤ・デル・カルメン
21)Aqua Cancun Resort カンクン
22)Sun Palace カンクン
23)Le Meridien Cancun Resort & Spa カンクン
24) El Dorado Castitas Royale リビエラ・マヤ
25)Hard Rock Hotel Cancun カンクン
26)Moon Palace Golf & Spa Resort カンクン
27)JW Marriot Cancun Resort & Spa カンクン
28)Hotel Villa Rolandi Thalasso Spa,Guurme & Beach Club イスラ・ムヘーレス
29)ME Cancun カンクン
30)Fiesta Americana Grand Coral Beach Cancun Resort & Spa カンクン